【オンライン作品展】感謝・西区民文化センターからお仕事頂きました

先日西区民文化センターから頂いたお仕事です。

この禍において会場に来て鑑賞することが難しくなりました。

なのでオンラインで展覧会をやる事になったらしく。

作品を動画にまとめて発表する形になりました。

集まった作品は写真・絵画・工芸等合わせて10点。

それをまとめました。頂いたデータは全て出品者が撮影したものです。

頂いたデータを確認すると個性とか作品にかける思いてものが出ますね。

意外に思うかもしれませんが、正対で撮影するて結構難しいんです。

自分も舞台とかを撮影する時、正対を捉えるのに一番時間がかかったりします。

 

ですんで、携帯で撮影したであろうそれらのデータを見ながら苦労した方、

そういう事を特に気にされてない方が顕著に見られました。

なので私は、作品に差が出ないように気をつけながら修正をかけました。

果たして自分も将来、絵や写真の趣味を持つ事になるんだろうか?

 

心に余裕がないと出来ない気もするし、逆にそういう趣味を持つ事で

心の平静を保つて事にも繋がるのかな、とも思ったり。

いずれにしても、まだ私はその領域には踏み込めてません。

絵に至っては上手さのピークが小四と記憶します。

お世辞抜きで手前味噌承知で上手かったと思います。(その分、今は目も当てられませぬ)

 

と言うのが、その頃は本当に見たままを捉えていたので。

自然に角度とか長さを測って素直に正直に描いていた気がします。

 

今は「なんとなく鼻はこうかな、目はこうかな」と先入観が入って描いてしまいます。

それがダメみたいですね。絵は感覚的なものと数学的な脳も必要と聞きました。

全体を分割してパーツの割合をイメージする、とか。

絵が下手だと思う方は一度、描く対象を逆さまして描くといいて聞いたことがあります。

その方が先入観なく、見たまま描こうとするので。私も一度挑戦したことがありますが。

最初は逆さまなので気持ちが悪かったですが、確かに見たまま捉えないと

描けない事もわかりました。

 

いかにいつも先入観のまま描いていたかがわかりました。一度お試しあれ!

そしてオンライン作品展もご覧あれ。

 

配信期間2021年3月15日まで

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました