【平松】木製建具ならあらゆるオーダーに対応!修理修繕もOK!

Joinery

広島名産発信ブログ!今回ご紹介する企業はこちら!

 

 

広島市安佐北区上深川に本社があります。

1932年広島市東区で創業しました。木製建具・デザイン建具の製作、修理修繕を行う会社です。

 

『クイズナルホー(RCC)』でお邪魔しました。

 

波乱万丈な社長就任

 

平松の社長は4代目の平田清士さん。

元々家を継ぐつもりはなく、流通関係の仕事や趣味でDJをやってたという

異色の経歴の持ち主。

DJ

ところがある日、先代の父親が癌であることがわかりました。

商売は好きだが、建具が好きというわけではなかったという社長。

 

しかし家業に就く以上はそのノウハウを父親から学ばないといけません。

さぁこれから色々教えてもらおうとしていた中、社長が実家に戻って1年で

父親が他界してしまいました。

Die

社長曰く、家業に就いてなかったら悲しむこともできたけど、それ以前に

 

「会社を何とかしないといけない」

 

という思いが先行して悲しむ余裕もなかったそうです。

さらに不幸は続き、当時専務だった父親の弟も他界。

 

そんな中でも落ち込んで入られません。

その後は母方の叔父さんが工場長をしてくれました。そこで技術面を教えてもらったそうです。

 

奇跡の出会いで少しずつ動き出した平松

 

父親が亡くなって3ヶ月後に出会ったのが社長の奥様のゆかりさん。

この出会いによって少しずつ平松が動き始めます。

meet

当時建具店では珍しかった自社のHPを立ち上げて営業販路を広げていきました。

一時落ち込んでいた売り上げも徐々に回復していったそうです。

 

歴史ある平松ですが、最近の平松の特徴は

『昔から受け継がれて来た技術』『先進的なデザインのドア』の融合。

建具に革新性を持ったオリジナリティを打ち出しています。

 

特に後者の『先進的なデザインのドア』これを請け負っているのがなんとゆかりさんでした。

 

今ではデザインをゆかりさんが担当、社長は主に営業を担当して

見事な二人三脚で会社を運営しています。

Two person tripod

元々色が好きだったゆかりさんは建具の世界に色を持ち込んでこれまでにない

デザインのドアを数々生み出して来ました。

 

中でも特徴的なドアや内装を手がけたお店を紹介します。取材させて頂いた場所です。

 

 

妻ゆかりさんのもう一つの顔

 

建具に新機軸を打ち出してきた平松ですが、それは社長の奥様ゆかりさんの功績が

大きいように思われます。実はゆかりさんにはもう一つの顔がありまして。

Hairdresser

それが、美容師という顔

 

ゆかりさんは元々美容師で、会社の奥にご自身の美容室『ポルタカリーナサロン』

経営されてました。美容室の内装も勿論カラフル。唯一無二感がハンパなかったです。

 

更にはご自宅の子ども部屋も大幅リニューアル。古かった襖もカラフルドアに変身させたり、

足踏みミシンを学習机にリメークしたりと。子どもの教育にもいい感じに響けばいいですね。

 

まとめ

 

『職人による高い技術』と『先進的デザイン』の融合。建具の新時代に入ったかもしれません。

木製であればあらゆるオーダーに応えてくれるという平松。

勿論、修理・修繕にも対応しています。世界にひとつだけの建具。

オーダーしてみてはいかがでしょうか?

 

おまけ

goods

美容室の奥には雑貨屋も併設されてます!

ここもゆかりさんチョイス&センスでオリジナリティあふれるカラフル雑貨の数々が

置かれてましたよ。是非チェックしてみて!

 

ちなみに私はもう年なのか、目がチカチカしました(笑)

 

以上、Bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました